専門学校の意味

未分類

スポーツトレーナー
画像出典元 [専門学校のスポーツトレーナーコース:大原学園]

スポーツトレーナーの道を専門学校に通いながら目指して行く人は多いのですが、一方でスポーツトレーナーの資格は国家資格ではありませんので、必ずしも試験を受ける必要はありません。しかしながら、試験が必要ない職種であるからこそ、広範な知識が必要とされることも多いものです。スポーツの指導に関してのオールマイティの知識がスポーツトレーナーには要求されることになりますので、専門学校に通いながら、様々な知識を身に着けておくことが将来において重要なポイントになります。

また、スポーツトレーナーを行うにあたって、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、理学療法士などの資格は取得しておく方が仕事の幅が広がりますのでお勧めです。これらの資格は国家資格ですので、専門学校に通いながら試験の準備をすることが可能になります。国家資格の他にスポーツ関する民間資格なども取得することも考えてみてもいいでしょう。専門学校は非常に専門的な授業を集中的に受けることができるようになります。

スポーツトレーナーのような仕事を目指すのであれば、他の教育機関(大学や短大)よりも専門学校の方が効率的であることの方が多いといえます。

Pocket