スポーツの専門学校

未分類

東京オリンピックの開催に向けて日本ではスポーツに関する関心が大きなものになってきています。スポーツを行う上で選手が重要な役割をするというのは誰もが想像できることですが、選手をサポートする役目であるスポーツトレーナーの役割もとても重要なものになってきています。といってもスポーツトレーナーに関する国家資格がある訳ではありませんので、特別な資格や免許が存在している訳ではありません。

マッサージしかしながら、選手に対してどのようなケアができるのかについての基本的な知識をスポーツトレーナーは持っていることが必要です。例えば、人間の体の機能、トレーニング理論、基本的な医学に関する知識、応急処置の方法などは実際の現場においては必須のものですので、専門学校などに通ってそれを身に着けておくことが必要です。トレーニングやコンディショニングの方法論についても理論的に学んでおけば、効率の良い指導をすることも可能になります。選手のケガを予防する竹に、マッサージやリハビリについての知識を身に着けておくことも必要になります

また、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、理学療法士といった国家資格を取得しておいてもいいでしょう。もちろん、スポーツトレーナーに求められるのは、実績ですので、指導の現場で大きな実力を発揮できるような準備を日ごろから行っておくことも必要です。そのような研鑽を積んでいけば自分の活躍の場所を比較的短時間に見つけていくことができるようになるはずです。

Pocket